swallowletterの日記

雑多な備忘録

命日

 

今日8月25日は父の命日。

と言っても、本当の父じゃない。ステップファーザーってやつ。

だけど、私にとっては生きてる実父より、このパパの方がパパ。

愛されてたとか当時は思ったことはあんまりなかったけど

いまは大事にされてたなって思う。

生きてる間に全然親孝行できなかったし、最期もたちあえなかった。

 

あの時、夜中に母から連絡がきて、パパが亡くなったって

メールに書いてあって、当時付き合ってた隣で寝てた彼氏を起こしたけど

起きてくれなくて、一人で泣いたような気がする。

いや、泣いてもなかったかも。

泣けなかったのかな、よく覚えてない。

 

まあ、十数年ガンだったし、いつかそういう日が来るのは

わかっていたけど、いざくると、実感ってやっぱりないもんだった。

葬式も出てないし。(前の家族とのかねあいで)

 

いなくなってその不在に、本当に気づかされた。

コンランの家具や、カッシーナのソファー、商売で集めてたアメリカンアンティーク、

着てた服とか。

パパが作ってくれたブイヤベースの味、一緒に入院先で飲んだコーヒー

球場が見える特別室で、こんなところにいたくないって言ってたこと

本当に抜け出してかえってきちゃって、大騒ぎになったり。

 

海外のある空港で、別便っていうか、パパはそのまま海外の家に帰るから

私とママの搭乗ゲートまで送ってくれて、じゃあねって手を振ったら

泣いてたこと。

わたしとママに出会って、初めて家族ができたって言ってたこと。

お金だけはたくさんあって、人望も厚くていつも人がまわりにいたけど

私の知ってるパパは日当たりのいい場所で、寝ながら

志ん生さんの落語を聴いてた。

 

私が形見でもらったのはひとつだけ、もう絶版の本。

 

耳年増になるなよ、ってきつく言われてたこと、今でも守ってる。

パパ、あいたいな、会って、話したいことがたくさん。

もっといろんなところに行きたかったし、もっと一緒に過ごしたかった。

 

いつだって、忘れることはない、側にいてくれるって思ってる

心の中に。

 

なんにもできないままだったけど、これからも一生懸命いきるから

みていてね。

大好き、本当にだいすきだよ。